トヨタ アイシス中古の買い取りや下取りの相場は?

乗り換えを検討している方
あなたが今、お乗り頂いている愛車を少しでも高く売れる今、売却した方が良い場合があります。

愛車の査定

今までは車屋さんの言い値で安く下取りされていましたが、今は違います。

愛車が30万円以上お得になることもあり、こんなにも高く売れるなら売却して、次の車購入検討しますという方が大勢います。

⇒ かんたん車査定ガイド(全国対応)

アイシス査定額アップで買取される方法

アイシス査定額アップで買取される方法

車を取り扱って、ん十年。
アイシスの査定額をアップさせて買取額をアップさせる簡単な方法をお教え致します。

昔は購入店で今乗っているアイシスを買取ってもらうことがあたり前でした。

当然、それが一番査定額が高いと信じていました。

ですが、今は違います。

あなたの乗っているアイシスを購入したいお店が沢山あるのです。

昔は当然、そんなお店を知りえるすべがありません。

ですから新しい車の購入店で査定され買取されていました。

車購入したから査定額アップで買取りしたよ!

な~んて言われたら嬉しくなっちゃったりして。

そういう時代は終わりです。

今は現在の愛車アイシスを買取って頂くお店を選べる時代です。

これからその方法をお教えしますね。

アイシスの査定は複数見積もって買取店を選びましょう。

ITの発達した現在、一般の方でも簡単に複数のお店から査定して頂けるのです。

しかも誰もが知る有名な会社が取り仕切っているのです。

現在の愛車アイシスの状況を知らせることで簡単に買取査定額が分かってしまうのです。

同じグレードのアイシスでも、ん~あのお店は68万、次のお店は73万、そして次は58万、え~88万で買取ってくれるのです。

と、そんなアイシス買取店が見つかるのです。

58万で買取るお店もあれば88万で買取って頂けるお店もあるのです。

え~30万円の違いですよ。

30万円あったら家族で旅行にも行けるし、贅沢できます。

そんな査定が簡単にできる大手企業が運営する有名サイトをいくつかお教えします。

基本的に全国対応していますので、日本に住んでいればアイシスの査定を複数簡単に査定することが出来ます。

アイシスグレードを調べておきましょう。

アイシスのグレード、例えば

アイシスG、アイシスGUセレクション、アイシスL、アイシスL60thスペシャルエディション、アイシスLXセレクション、アイシスプラタナ、アイシスプラタナGエディション、アイシスプラタナUセレクション、アイシスプラタナリミテッドなど、細かく調べることができれば最高です。

分からなければ車検証を準備しましょう。

車検証には愛車アイシスの情報がほとんど記載されております。

生産年月、エンジン形式、排気量。などなど。

査定額をアップさせて買取りしてもらうコツ

愛車アイシスの査定に有利になる情報は教えてあげましょう。

例えば、
新しい年式のナビがついている、HDDナビである。
査定額が変わらないようでしたら取り外して次の車に取り付けるということもできます。
タイヤが新しい。
車体の色。
人気のあるカラーですと高額査定間違いなし。
バッテリーは交換したばかり。などなど

デメリットも教えてあげましょう。

高く買い取ってもらいたいからってウソはいけません。

走行距離などはアイシスのODOメーターを見て正確に教えましょう。

大きなキズの有り無し。
事故修復歴の有り無し。

買取る方もプロですので必ず分かりますので。

スポンサーリンク

アイシスが事故車・不動車・水没車になった場合

愛車アイシスが突然、動かなくなる、非常に悲しい事です。

廃車するにはお金がいくらぐらいかかるんだろう?

心配いごとがつきない気持ちは分かります。

ですが最後のひとふんばり、頑張りましょう。

アイシスが事故車・不動車・水没車になっていても買い取って頂ける所があるのです。

廃車にするには、当然お金が掛かりますが、動かない車であっても、海外では日本車のパーツは質が高いことで知られていますので、部分的に使えるパーツは沢山あります。

事故車・不動車・水没車でも海外に目を向けると、動かないアイシスでも買い取って頂ける所があるのです。

そんなルートは過去なら関係者以外、知られていないと思いますが、インターネットのお陰で簡単に事故車・不動車・水没車でも査定して買い取って頂けるのです。

愛車アイシスを処分で、落胆している状態と思いますが、お問い合わせは無料ですので頑張って見てください。

アイシスの買取り額の参考に

アイシスの買取り額、いえいえ大きく車の買取り額は変動しています。

あくまで参考としてください。

実際に査定してもらうのが大事なことです。

※カービュー運営のみんカラより(平成26年調べ) ※車の状態・査定時期によって買取り額は変わります。その点はご了承ください。

査定時期年式グレード走行距離査定額
2014年
4月
2005年
(平成17年)
アイシス

L(CVT_2.0)
150,001~
km
5万円3社に査定した最高の買取り額)
2014年
1月
2006年
(平成18年)
アイシス

プラタナ
30,001~
35,000 km
81万円2社に査定した最高の買取り額)
2013年
11月
2011年
(平成23年)
アイシス

不明
不明 km135万円4社に査定した最高の買取り額)
2013年
9月
2008年
(平成20年)
アイシス

不明
35,001~
40,000 km
110万円4社に査定した最高の買取り額)
2013年
8月
2008年
(平成20年)
アイシス

該当なし
60,001~
65,000 km
20万円2社に査定した最高の買取り額)
2013年
8月
2004年
(平成16年)
アイシス

PLATANA(AT_2.0)
150,001~
km
8万円2社に査定した最高の買取り額)
2013年
6月
2004年
(平成16年)
アイシス

PLATANA(AT_2.0)
55,001~
60,000 km
40万円4社に査定した最高の買取り額)
2013年
6月
2007年
(平成19年)
アイシス

L(AT_1.8)
70,001~
75,000 km
50万円4社に査定した最高の買取り額)
2013年
6月
2007年
(平成19年)
アイシス

プラタナ(CVT_2.0)
50,001~
55,000 km
17万円5社に査定した最高の買取り額)
2013年
5月
2006年
(平成18年)
アイシス

不明
20,001~
25,000 km
50万円4社に査定した最高の買取り額)
2013年
5月
2009年
(平成21年)
アイシス

プラタナ(CVT_1.8)
25,001~
30,000 km
130万円4社に査定した最高の買取り額)
2013年
3月
2004年
(平成16年)
アイシス

L“X-SELECTION”(AT_2.0)
85,001~
90,000 km
35万円4社に査定した最高の買取り額)
2013年
2月
2008年
(平成20年)
アイシス

PLATANA Uセレクション
35,001~
40,000 km
130万円2社に査定した最高の買取り額)
2013年
2月
2004年
(平成16年)
アイシス

PLATANA(AT_2.0)
140,001~
150,000 km
15万円1社に査定した最高の買取り額)
2013年
1月
2004年
(平成16年)
アイシス

G(AT_2.0)
75,001~
80,000 km
50万円3社に査定した最高の買取り額)
2013年
1月
2005年
(平成17年)
アイシス

PLATANA(AT_1.8)
110,001~
120,000 km
15万円3社に査定した最高の買取り額)
2012年
12月
2007年
(平成19年)
アイシス

不明
50,001~
55,000 km
50万円1社に査定した最高の買取り額)
2012年
12月
2005年
(平成17年)
アイシス

L(AT_1.8)
55,001~
60,000 km
55万円4社に査定した最高の買取り額)
2012年
11月
2008年
(平成20年)
アイシス

不明
30,001~
35,000 km
115万円2社に査定した最高の買取り額)
2012年
9月
2004年
(平成16年)
アイシス

プラタナ
45,001~
50,000 km
51万円5社に査定した最高の買取り額)
2012年
9月
2010年
(平成22年)
アイシス

不明
15,001~
20,000 km
60万円4社に査定した最高の買取り額)
2012年
7月
2008年
(平成20年)
アイシス

プラタナ
30,001~
35,000 km
93万円4社に査定した最高の買取り額)
2012年
7月
2010年
(平成22年)
アイシス

プラタナ“ブラックリミテッド”(CVT_2.0)
15,001~
20,000 km
145万円3社に査定した最高の買取り額)
2012年
6月
2005年
(平成17年)
アイシス

G-U
70,001~
75,000 km
30万円3社に査定した最高の買取り額)
2012年
6月
2004年
(平成16年)
アイシス

L
120,001~
130,000 km
0万円3社に査定した最高の買取り額)
2012年
4月
1995年
(平成7年)
アイシス

不明
130,001~
140,000 km
7万円1社に査定した最高の買取り額)
2012年
2月
2006年
(平成18年)
アイシス

プラタナ
35,001~
40,000 km
93万円5社に査定した最高の買取り額)
2012年
2月
2007年
(平成19年)
アイシス

プラタナ
50,001~
55,000 km
40万円2社に査定した最高の買取り額)
2012年
2月
2005年
(平成17年)
アイシス

G“U-SELECTION”(CVT_2.0)
100,001~
110,000 km
30万円4社に査定した最高の買取り額)
2012年
2月
2011年
(平成23年)
アイシス

プラタナ

5,000 km
157万円6社に査定した最高の買取り額)
2012年
2月
2011年
(平成23年)
アイシス

プラタナ_4WD(CVT_1.8)
15,001~
20,000 km
175万円2社に査定した最高の買取り額)
2012年
1月
2005年
(平成17年)
アイシス

プラタナ
50,001~
55,000 km
57万円8社に査定した最高の買取り額)
2012年
1月
2005年
(平成17年)
アイシス

プラタナ
110,001~
120,000 km
7万円4社に査定した最高の買取り額)
2011年
12月
2006年
(平成18年)
アイシス

不明
150,001~
km
30万円2社に査定した最高の買取り額)
2011年
12月
2007年
(平成19年)
アイシス

プラタナGエディション
20,001~
25,000 km
100万円6社に査定した最高の買取り額)
2011年
9月
2007年
(平成19年)
アイシス

L(CVT_2.0)
55,001~
60,000 km
100万円6社に査定した最高の買取り額)
2011年
9月
2005年
(平成17年)
アイシス

L“X-SELECTION”(AT_1.8)
45,001~
50,000 km
85万円5社に査定した最高の買取り額)
2011年
9月
2006年
(平成18年)
アイシス

L 60thスペシャルエディション
20,001~
25,000 km
95万円5社に査定した最高の買取り額)
2011年
9月
2005年
(平成17年)
アイシス

プラタナ 2WD
120,001~
130,000 km
30万円2社に査定した最高の買取り額)
2011年
10月
2005年
(平成17年)
アイシス

PLATANA(CVT_2.0)
80,001~
85,000 km
60万円6社に査定した最高の買取り額)
2011年
9月
2005年
(平成17年)
アイシス

不明
50,001~
55,000 km
80万円4社に査定した最高の買取り額)
2011年
8月
2007年
(平成19年)
アイシス

不明
25,001~
30,000 km
90万円4社に査定した最高の買取り額)
2011年
7月
2005年
(平成17年)
アイシス

プラタナ
55,001~
60,000 km
105万円1社に査定した最高の買取り額)
2011年
7月
2006年
(平成18年)
アイシス

プラタナ
25,001~
30,000 km
150万円5社に査定した最高の買取り額)
2011年
9月
2007年
(平成19年)
アイシス

プラタナ
130,001~
140,000 km
70万円3社に査定した最高の買取り額)
2011年
6月
2006年
(平成18年)
アイシス

プラタナ 4WD
50,001~
55,000 km
130万円6社に査定した最高の買取り額)
2011年
6月
2004年
(平成16年)
アイシス

1800L
45,001~
50,000 km
81万円4社に査定した最高の買取り額)
2011年
5月
2006年
(平成18年)
アイシス

プラタナ
20,001~
25,000 km
100万円6社に査定した最高の買取り額)
2011年
3月
2007年
(平成19年)
アイシス

15,001~
20,000 km
110万円6社に査定した最高の買取り額)
2011年
3月
2006年
(平成18年)
アイシス

60thスペシャルエディション 4WD
55,001~
60,000 km
90万円3社に査定した最高の買取り額)

※カービュー運営のみんカラより(平成26年調べ) ※車の状態・査定時期によって買取り額は変わります。その点はご了承ください。

スポンサーリンク

トヨタ アイシスってどんな車

トヨタ アイシス。5ナンバーサイズが基本のロールーフミニバンで、人気なのが2000cc排気量のトヨタ アイシスです。

アイシスは両側にスライドドアを装着し、大きく開くから乗降性に優れているところが魅力です。

アイシスは機能を欲張ったので内装の質は少し期待感を和らげる必要があります。

トヨタ アイシスは中古車か新車か?

これは一概には言えません。

それよりも最近の車は大事に乗れば何年も乗り続ける。ことができます。
トヨタ(TOYOTA)アイシスも購入したら終わりではなく、車検時、故障持など、アイシスに限ったことだけでなく購入した車すべてにメンテナンスなど販売店との継続的なお付き合いが生じます。

それを踏まえたうえでトヨタ(TOYOTA)アイシス購入時も「私が買ってやるんだ!」という態度ではアイシス販売者(店)も面白い訳がありません。

人間は、良い印象はすぐ忘れてしまいますが、悪い印象はずっと記憶に残ります。

トヨタ(TOYOTA)アイシスはメンテナンスをすることで長く乗れる車です。丁寧なアイシス販売者には購入者も丁寧な態度で。

当たり前のことですが、意外に出来ない人も多いもので。

トヨタ アイシスのドレスアップ

アイシスといわず車のドレスアップとは、エアロパーツを付けたり、タイヤサイズやアルミホイールを変えるなどして自分専用にアレンジすることです。

ドレスアップに興味のない人には、「何故!?」そんなお金を掛けるの!と、思いますが、自分色にアイシスを染めていくことで、愛着が増します。

まず、トヨタ アイシスで簡単にできるドレスアップはアルミホイールを変えることではないでしょうか?

アルミホイールのインチアップをするとかっこいいですね。

ドレスアップパーツを探してみましょう

ドレスアップのメインは、エアロパーツ。

フロントスポイラーからリアスポイラーなど、各数万円はすると思いますので、予算と相談してフロントスポイラーから取り付けるか、セットで購入するとよいと思います。

ドレスアップとして後からエアロパーツを取り付けると塗装代金も別にかかる場合もありますので購入店でどこまで扱っているか確認が必要です。

ライトノカバー変更も意外に人気があります。

エアロパーツでドレスアップ!ホイールインチアップでドレスアップなどは、外装的なドレスアップです、内装を自分色に染めていくドレスアップも愛着が増しますよ。

シート変えなどのドレスアップは費用がかかりますので、ハンドル変え、オーディオ変え、なども愛着が増します。

アイシスの買い替え検討が必要な故障

お気に入りの愛車アイシスは大事に乗っていましたが、故障は突然起こるものです。

もっと乗りたかったのに、と考えてしまいますが、新たな気持ちでアイシスからもっと新しいアイシス、はたまた別の車、に乗り替えた方が良い場合があります。

それは高額な修理代が掛かってしまう場合です。

なかでもエンジン修理・ATミッション修理・エアコン修理などは高額修理になる可能性が高いです。

そんな時に、少しでも愛車アイシスを高く売って、新しい車を安く購入したいものです。

実はインターネットを使うことにより、そんな面倒そうな事が簡単に出来るのです。

かつて愛車の売却額が30万円以上もお得になったこともあり、おススメのサービスです。

愛車査定

愛車を高く売却したら、今度は新たに良質な車を安く購入することです。

中古車購入では安心して中古車を購入するために、良質な中古車を見分ける目が必要になります。

たとえアナタが車に詳しくなくても、アナタに変わって中古車選びのプロがお値段・ライフスタイルに合ったお車を探して頂けるサービスです。

しかも街の車屋さんに並ぶ前の、市場に出回らない非公開車両も優先的にご紹介されます。

インターネットだからこそ可能なサービスなのですが、参加している中古車屋さんもTVCMでおなじみな会社さんなど、大手中古車販売店が対応しています。

国産車で最長10年保証、輸入車で最長5年の保証もあり、自信で街の中古車店に足を運んで探すより、安心感が別次元で伴います。

高額修理といわれるエンジン修理・ATミッション修理・エアコン修理のアイシスでの実例をネットで調べてみました。

アイシスを購入して日が浅い場合は保証が付いていると思いますので、アイシスを購入したお店で修理して頂けると思います。

それ以外の場合は、買い替えという決断も必要かと思います。

少しでもアナタのカーライフの参考になればと思い調べました。

アイシスでのエンジン故障事例

最初の事例は、アイシスで時速10kmほどで走行中にエンジンから異音が聞こえ、オイルの異臭がしたので、走行を停止し車体の下をみるとオイルが漏れていました。

エンジン警告灯は点灯しなかったのだが、修理屋さんで診断したところ、エンジンは交換が必要という事で、高額な修理をするか、アイシスをあきらめて新たに車を購入するか決断が必要になりました。

次の事例は、愛車アイシスの走行距離13万kmを超えてからエンジン警告灯が時々点灯したり消えたりします。

ディーラー調べてもらったところ、オイルの漏れやにじみはないということで、オーバーホールが必要と言われました。

ちなみにアイシス購入時からオイル交換はまめに約5000km~6000kmで行っていたという事です。

オイルが適量入っているなら、オイルプレッシャースイッチが故障している可能性もあり、いずれにしてもオーバーホールした方がよさそうです。

アイシスでのミッション故障事例

最初の事例は、アイシス購入から3000kmほど乗ったあたりから、エンジンをかけた直後の回転が高い時に、ブレーキを踏んだままミッションをドライブに入れると、ガラガラガラと異音が発生しました。

エンジンが温まると異音はなくなり、修理屋さんで調べてもらったところ、CVTの金属ベルトを油圧で引っ張ってたるみをなくす装置を交換したそうです。

次の事例は平成17年式のアイシス2.0Lプラタナで、エンジン低回転時にノッキングをしたような感じ、ベルトがすべるようなカタカタという異音が聞こえてきました。

修理屋さんに持ち込んでも特に問題ありませんと言われたとの事です。

このような症状の場合、走れることは走れるので、そのまま乗ってしまいますが、経験上、後に故障する場合が多々あります。

小さな異常で、修理することが被害を少なくすることになりますので、セカンドオピニオンなど医療でも別のお医者さんに診断してもらうことも大事とあります。

別の信頼のおける修理屋さんをあたってみるのも良いと思います。

アイシスでのエアコン故障事例

最初の事例は、地デジチューナーをアイシスに取り付けてからエアコンの冷房・暖房がまったく効かなくなりました。

ご自身が車に詳しい方で、地デジチューナー取り付けた時にいじった箇所をさぐってみたところ、温度調節をするワイヤーが外れていたそうです。

次の事例は、アイシス2.0プラタナで、エアコンを25℃に設定しても冷たい風が出てこなくなったということです。

修理屋さんで診断したところ、コンプレッサー交換が必要という事で、高額修理かアイシスをあきらめて別車購入か、決断をしなければいけなくなりました。

◎ 愛車アイシスの買い替え

今回調べたアイシス故障の事例もほんの一部です。

愛車アイシスを手放す時は必ずきます。

そんな時の基本は、高く売って、安く買うのですが、今回ご紹介したサービスで実現できますので、ご検討ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る